【継続は力】 名もなきおじさんの人生後半戦!

生まれて半世紀が過ぎました。人生100年時代も後半戦。名もなき普通のおじさんの今持っている情報と、 これからの新たな学びや発見を気ままに発信します。

#93 甲子園ボウル関学6連覇 ~ 岐路に立つ大学アメフト

 

第78回甲子園ボウル 関学61‐21法政

 

関学有利とは言われていたが予想を上回る圧勝。

 

スピード、タックルの強さ、ステップの切れなど 素人目にも差が感じられたし、

そうしたフィジカルに裏打ちされた関学の戦術の豊富さや精度の高さに法政は全く

着いていけてないように感じられた。最終盤に少し甘さが出て、決定機を逃したり、

逆にTDを許す場面があったものの、勝負という点では全く影響はなかった。

 

 

ここまで差があるのか

 

ネットのコメントでは

「関東1位とは言え、関西1部リーグの中位の京大、神大レベル」

「来年度からの新フォーメーションでは間違いなく関西同士の決勝になる」

といったコメントであふれた。

 

法政としては 第1クオーター オフェンス最初のシリーズで、TDこそ奪えなかった

もののランもパスも決まっていて、ある程度押し込む場面が見られたので、

いい感じですべり出したように見えたが、関学の1stシリーズ、2ndシリーズで

立て続けにTDを奪われ、さらにセイフティも決められて あっという間に大量失点。

まだ第1クオーターなのに スタンドの観客も含めて ”勝負あった” みたいな感じ。

立ち上がりでまざまざと力の差を見せつけられた。

 

どこかのプレーを悔やむとかのレベルではないし、惜しくもない。3年生以下は来年

こそは・・・と言いたいところだろうが、差の大きさに気が遠くなる思いだろう。

それだけショッキングな内容だったとも言える。

関学応援の私としては勝ったことは良かったのだが、

「ここまで差があるのか・・・」とうれしいのと残念なのと半々だ。

 

 

寂しいスタンド

 

私が若い頃の甲子園ボウルは甲子園がほぼ満員になっていた印象があるが、

近年は、アルプスや外野席はそれなりには入っているが、内野は空席が目立つ。

あくまで画面越しの印象ではあるが、昨年も寂しく感じたものだが、今年はさらに

寂しさが進んだように見えた。

 

ネットのコメントでこんなのがあった

「現地観戦してきたが、観客は年配が多くて若い人が少ない」

「安くない入場料の問題などあるとしても人気の凋落が心配」

「ただでさえマイナーなスポーツなのに、甲子園ボウルが事実上関西決戦になると、

全国的に見ればレベル低下、競技人口の減少が進むのでは」

 

 

他大学の突き上げに期待

 

そもそも中高の競技人口が少ないので、一部の強豪大学に選手が集中しやすい構図は

ちょっとやそっとで変わるものではない。ただ、関東勢は選手分母には恵まれている

し、ライバル同士切磋琢磨出来る環境にはある。日大の廃部決定は色々な意味で残念

ではあるが、他校にとっては新しい風を吹かせるチャンスでもある。法政、早稲田が

決して盤石ではない中で、立教、中央あたりが大学選手権で上位をにぎわし、関西勢を

脅かすようになれば。また関西勢も 3強の一角を崩すような大学が出てくるともう

少し活況を呈すのではないか。

 

どのスポーツにとっても競技人口の減少は他人事ではなく、避けては通れない。

アメフトも10年もすれば 人数が揃わず休部、廃部に追い込まれる大学も出てくる

だろう、もちろんそれを望んでいる訳ではないが、それに抗う動きを今から始めないと

今マイナースポーツと言われている状態からさらに進んで、限られた大学だけが参加

するマニアックスポーツへと転落するであろう。手軽に始めることが出来ない

比較的高額なスポーツなだけになおさらである。だからと言って留学生を入れるのは、

例えばラグビーのように競技エリアが広くないだけに現実的ではない。まさか、

本場アメリカから留学生を呼ぶなどしたら学生レベルでは危険でしかない。

 

来年から3年間実施される新フォーメーションの推移を注視しつつ、その間に

連盟の関係者の方々にはより良い方向性を模索してもらいたいと願う。

 

 

 

 

#92 明日は第78回甲子園ボウル

 

12/17(日) 第78回甲子園ボウルが開催される。

 

最近 暖かい日が多かったが、ただいま寒波が来襲中で 明日は極寒になりそう。

試合に出ている選手はいいが、控えの選手やスタッフは寒くて大変。応援団も

ブラスバンドは手がかじかむだろうし、チアの人はとにかく動いてないと冷え切って

しまいそうな可哀そうなコンディション。

 

関学、史上初6連覇へ

 

さあ 今年の甲子園ボウルは 関学vs法政オレンジの対決だ。

甲子園ボウルでは2年ぶりの対決で、前回は47-7で関学が圧倒。

今季の法政の戦力はリサーチしていないので正直なところよく分からないが、

ネット記事を色々と読む限りでは関学断然有利の空気感が流れている。

 

関学としては先月の関大戦で敗れたことで 目が覚めたというか、いい意味で

常勝の呪縛から逃れて、聖地決戦に向けてもう一度気合を入れ直すことが出来たん

ではないかと期待する。関大戦で負傷退場したQB星野も万全の状態みたいだし、

伝統的に守りのチームのイメージが強いなか、今季はWR、RB陣は決定力のある選手

が揃っている。見ている側としては接戦になった方が面白いけれども、ワンサイドも

あるかなと思ったりする。

 

来年度から大学選手権が変わる

 

今季までは 全国8連盟の代表によるトーナメント(ただし、関東代表と関西代表は

スーパーシード)だったが、現実問題として地方リーグとの実力差が大きすぎた

ので、来年度から3年間は 全国8連盟(ただしレベルが高く、チーム数も多い

関東と関西は各3チームずつ)計12チームによるトーナメント制にすることが

決まった。地方連盟は1校ずつの代表だから基本的には変わらないが、関東・関西は

先日の関関戦のように無理やり1位を決めるための抽選も無くなるだろう。

また、現状では関西勢が最もレベルが高いと言われているだけに 関西勢同士の

甲子園ボウルも充分有り得るということ。平等を重視するのも間違いとは言わないが

より高いレベルの試合を見せることで、低迷する人気を盛り上げないと、競技自体が

尻すぼみになると思うので今回の判断は英断だと思う。3年間新制度でやってみて

3年後にまた判断するらしい。

 

 

#91 恐れていたことが起きてしまった 関西学生アメフト 

 

関西学生アメフト DIVISION1 最終節

 

充分可能性として考えられていたが、出来ればそうならなきゃいいなと恐れていたこと

が起きてしまった。

 

11/26 14:00 関学vs関大 @万博競技場

 

ここまで全勝の関学が勝てば7戦全勝で文句なしの単独優勝。

関大が勝てば、立命を含む3校が6勝1敗で並ぶことになり、

連盟の規定では勝ち点制を採っているので 3校が勝ち点18で並んで同時優勝。

そして甲子園ボウルにつながる大学選手権の出場権は なんと 抽選で決めるという。

 

事前に決まっていたルールなので不公平とは言えないが、学生生活をアメフトに

捧げてきた選手達にとってこのルールはあまりにも酷だし、見ている側にとっても

釈然としない。関学応援の私としては すっきりと全勝優勝してくれと願っていた。

が、結果は 

 

攻めた関大、受けてしまった関学

 

関学13‐16関大〇 

 

前半攻めあぐねた関学、後半に入って関大が立て続けに2つのタッチダウン

リードを奪い、関学の反撃をタッチダウン1つに封じた。

 

ちなみに 3校の直接対決は

10/29 〇立命38‐27関大

11/11 〇関学31‐10立命

 

近年は関学が最も安定していて、王者として君臨していたが、よく言われるのが

関学組織力があって、ミスが少なく、負けない戦いぶり。対して立命や、関大は

完成度で関学に一歩遅れを取っているが、パワーやスピードでは決して負けて

いないと評価されることが多い。私はそこまで詳しくないのでこういう評価については

さらっと流すとして、ここで言いたいのは

3校の力関係からして、如何に関学が強いと言っても、関大、立命も力は接近していて

作戦や展開次第では今日のような結果も充分有り得た。そして4番手のチームとは少し

差が感じられるので3校の同率優勝は充分予想されたこと。

 

あっけない運命の抽選会

 

今日の関関戦の試合終了から程なくして、

競技場内でみんなが見ている中で3校主将による抽選会。

立命は今日は試合が無かったので主将と4年生幹部が万博競技場に来ていた。

プロ野球のドラフト会議のようにそれぞれ封筒を引いて、中の紙を見るスタイル。

厳しいトレーニングに耐え、3か月をかけてリーグ戦を戦ってきたというのに

紙切れ一枚であまりにもあっけなく運命が決まってしまう。

祈るような関学、関大両校の応援団とファンや関係者達。

そして関学の海崎主将が当たりくじを引いて大学選手権の出場権を得た。

 

冷酷な現実

 

打倒関学を果たした余韻に浸る間もなく冷酷な現実を突きつけられた関大。

関学の応援団やスタンドの様子は動画で上がっていたが、

抽選で大学選手権出場が決まった瞬間 涙を流して喜びを爆発させていた。

もちろん喜んでいい。でも・・・関大の選手や関係者、応援団の気持ちを考えると

手放しでは喜べない。また、立命が当たりくじを引いても少なからず遺恨と言うか

素直に喜べない、あるいは祝えない空気になっていたのではないか。

 

来年に向けて・・・

 

既にネットでは色々な意見が飛び交っているが、勝ち点で並んだ場合は

 

*リーグ戦全体での得失点差 あるいはタッチダウン

*当該チーム間での勝ち負け

*当該チーム間での得失点差 あるいはタッチダウン

*野球のタイブレークやサッカーのPK戦のように プレーオフを行なう

 

などの方法で 明確に白黒を規定して欲しいところ。その方が選手も見ている側も納得

しやすいはず。誰も抽選なんて望んでない。連盟には是非とも改善して欲しい。

 

ともかく、関学は大学選手権6連覇の挑戦権を得た。

来週は九州大学との準決勝、そして12/17(日)の甲子園ボウルでは法政との対戦が濃厚。

戦力的には5連覇の去年より上じゃないかと思っているが、個々の技量よりも    

戦略・戦術がものをいうスポーツだと思うので何が起こるか分からない。

今日の負けをいい薬にして、しっかり反省点を潰して甲子園ボウルに向かって欲しい。

 

 

#90 関大 明治神宮大会逃す

 

今年の関大なら全国でもある程度戦えるんじゃないか

そう思ったんだけどな

 

関西5連盟の代表チームが2つの出場枠をかけて争う、代表決定戦。

スーパーシードの関大はいきなり決勝からの出場。

相手は2試合を勝ち上がってきた天理大

大エース金丸が満を持して先発も相手中軸の近藤選手にホームラン含む3打点を

挙げられ、1-3で完敗。第2代表決定戦にまわるも、最大のライバルと目されていた

大商大に2-5で力負け。思いがけず連敗して神宮を逃してしまった。

どこかに慢心と言うか、甘さがあったのではないか・・・

天理大戦 金丸の3失点は仕方ない。こういう時もある。食らいついてくるレベルが

関西学生リーグとは違っていたんだろう。

 

映像を見たが、よく見ると天理大大商大も個々には力のある選手が揃っているし、

たたき上げの勝負根性と言うか、逞しさを感じた。

比較的注目度が高くてチヤホヤされがちな関西学生リーグには負けられない・・・と

 

大商大は全国の常連だし、今季は投の上田君・高君、打の渡部君と全国レベルの

好選手がいる。天理大はあまり見たことがなかったが、系列の天理高校をはじめとし

て、名だたる名門高校出身の選手が揃っているし、長野投手はなかなか良かった。

是非上位を、特に大商大は2枚看板がいる今年はチャンスだと思うので、打倒青学

打倒慶応を果たして欲しいところだ。

 

大学野球が一息ついたこの時期、実はラグビー、アメフト、駅伝など学生スポーツ

はピークを迎えつつある。次回からは他のスポーツにも注目してみたい。

 

 

#89 関西学生野球 結果答え合わせ

 

10/21 関西学生野球 秋のリーグ戦全日程終了。

 

最終順位は

 

1位 関西大学

2位 近畿大学

3位 立命館大学

4位 同志社大学

5位 関西学院大学

6位 京都大学

 

ちなみに リーグ戦直前の私の予想は

 

1位 関西大学

2位 近畿大学

3位 同志社大学

4位 立命館大学

5位 関西学院大学

6位 京都大学

 

我ながらなかなかいい予想。でも決して難しい予想ではなかった。

 

3位と4位が逆だったけど 勝ち点3で並んで勝率で立命が上回ったということだけで

大体いいところを突いていたなという感じ。

 

下級生が多い分同志社の方が伸びしろがあるかなと思ったけど、

詰めの甘さは相変わらずで、

昨日も厳しいことを書いたけど、同志社には行きあたりばったりの選手起用と采配で、

昔の若貴兄弟の確執の言葉を引用させてもらって

 

同志社の野球には基本がない”

 

と前々から思っていたが今季その思いをさらに強くした。

同志社の選手やファンには申し訳ないけど、負けるべくして負けてるし、

勝つときはたまたま投手が頑張ったとか、たまたまタイムリーが出たとか。

 

関学に対しても厳しいことを書いたけど あらためて書かせていただく

 

”いつもいつも同じ結果で、悔しくないの? 本当に勝つ気あるの?”

 

リーグの活性化のため、ファンのため、選手自身のためにも

同志社関学には頑張って欲しいところなんだが、ほぼほぼ定位置の2校。

結果が出ていないんだから首脳陣の交代もあって然るべきだとは思うが、

勝ちを宿命づけられていないんだろうか・・・

今年の阪神の躍進は例えとして適切でないかもしれないが、ちょっと意識改革すれば

たちまち浮上の可能性はあると思うんだけどな。

 

とにかく 各校の選手の皆さん 今年1年お疲れ様でした。4年生の皆さんはほとんどが

現役引退となると思うが、試合後の様子を見ていると、涙は少しだけで、清々しい

笑顔の方が多かった。昨日の最終戦は既に優勝も決まっていたので、

球場全体として引退試合という多少イベント的な空気感もあった。

 

関大だけはまだまだ大仕事があるので、まずは関西代表になって

明治神宮大会で目にものを見せて欲しい。

 

 

#88 関西学生野球 関大危なげなく優勝

 

◆10/20 金曜日 関大2-0関学

 

絶対エース金丸6安打完封。今季は6戦6勝。

関学は6安打放つも安定の散発で連動性がなく あっさり完封負け。

 

この日の第2試合 立命2-0同志社  

 

立命エース谷脇ノーヒットノーランで学生最後の登板を飾る。

4年生集大成の好投で涙。プロの指名あるか。

 

◆10/21 土曜日  関大7-1関学

 

関学は大エース黒原がいた2021年を除いて毎年下位に低迷。

球威がないのに制球もイマイチの投手陣。繋ぎの意識が欠ける淡泊な攻撃陣。ピンチ

に踏ん張れない守備陣。毎年毎年同じような負け方で 本当に勝つ気あるの?と

思ってしまう。今日もチア総動員と思われる大応援にも関わらず無抵抗の完敗。

たまたま選手が揃った年はまあまあだが、チームとして育成力があるかというと

とてもそうは思えない。スポ推の選手沢山居るみたいだが、大学として強化する意識が

ないのか。

 

立命2-1同志社

 

同志社もちょっとやり方考えた方がいいと思う。あの監督じゃだめだ・・・

とっかえひっかえ、場当たり的で落ち着きのないの采配。以前も書いたが、

下級生を積極的に使うのは別にいいが、毎年毎年下級生が多く試合に出ている・・・

ということは上級生になっても選手が伸びていない。いや もしかしたら

首脳陣が新しもの好きで上級生になるにつれて段々干されているのではないか。

今回の立同戦も 上級生中心の立命と下級生中心の同志社。内容的には

まあまあ僅差に見えるんだけど、じゃあ 下級生が上級生になったころには

強くなっているかといえばそうでもない。

辛口で申し訳ないが、ずっと駒として使われて、一部主力を除いては上級生になるに

つれて使い捨て、選手がかわいそう。

 

関学 いつになくチアもブラスバンドもフルメンバーじゃないか(10/21 わかさ)

彼、彼女らにとっては野球部の応援よりアメフト部の応援が一番の晴れ舞台だろうな。

 

立命野球部 今季最終戦 10/21のわかさ 応援団も恐らくフルメンバー

京都では同志社より人気が高いのか いつも同志社スタンドより盛り上がっている。

 

関大もかなりの動員で盛り上がっていた 明治神宮大会に向けてまだまだ続く。

 

#87 関西学生野球 明日から最終節 関大マジック1 

 

何で金曜日なん? って感じだけど

ともあれ 明日10/20金曜日 わかさスタジアムで関関戦 と 立同戦が

行なわれる。

 

関大はここまで順調に勝ち点を重ねて明日からの関学戦!そんなことは無いと思うが

仮に勝ち点を落としたとしても1勝すれば 2位の同志社立命に連勝して勝ち点4で

並んでも勝率で上回るので 関大が現在マジック1。

関学に連敗するとは考えにくいので もう優勝当確だろう。

 

春は故障に泣いたエース金丸が復活して無双状態。

打線は迫力はないが、堅実に勝ちを拾っていった。今年の関大はリーグ戦にとどまらず

是非明治神宮大会で上位を目指して欲しい それだけの力はあると思う。

 

10/21土曜日はわかさに行くつもり。明日は天気が悪そうなので

何なら雨天順延してくれてもいいんだけどな・・・

 

東都は 春日本一の青学がリーグ戦春秋連覇。詳しい試合内容は追っていないので

分からないが、ドラフトの目玉 常廣と下村の2枚看板と打線も力があるし

さすがといったところか。

 

東六は 先週の慶明戦で慶応が勝ち点をとって単独トップ。

今年は前評判は高くなかったが、2年の外丸投手が六大学屈指の投手に成長したな。

1戦目を確実にとってくれるので戦いぶりが安定。打線にも良い循環となっている。

スーパースラッガー廣瀬がイマイチ調子が上がらない中で 3番本間、4番栗林の

活躍。さらに外丸に引っ張られて谷村、森下ら4年生投手陣も好投。

最終節に早慶戦を控え、まだ油断は出来ないものの 頭一つ抜けたのは事実。

 

話は変わるが・・・

 

最近少し静かになったが、一時大きな騒ぎになった立教野球部の不祥事・・・

発覚後最初のリーグ戦は4年生が自粛・・・

次節からは不祥事には加わっていないとされる4年生が復帰したけど、もともと

4年生の主力が少なくて戦力に大きな影響なし。悪い意味で順調に負け続けて

ここまで8戦全敗。最終節は東大戦。

監督も交代するみたいだし、いっそこれまでの甘甘のスポーツ推薦を見直して 一から

出直す意味で東大にも負けて きれいさっぱり最下位に沈んだ方がいい。

ここ数年の立大は 大阪桐蔭智辯和歌山など名だたる高校の出身者や甲子園経験が

多数入部しているのに成績は振るわず、試合運びもここ一番でもろく、接戦に弱く、

見てて不甲斐ない、情けないチームに見えていた。

悪いけど 今季これだけ世間を騒がせたことで、すべて膿みを出して、新体制で

頑張ってほしいところ。とは言え、今何食わぬ顔で試合に出ている3年生も 実は

関係しているんじゃないの・・・という疑念は残る。本当に生まれ変われるかどうか、

単に野球部の不祥事にとどまらず、大学全体のガバナンスが問われるのではないか

とさえ思う。

 

日大アメフト部、近大剣道部と大学スポーツの残念なニュースが続く。

他大学も冷や冷やしているところもあるかもしれない。